フランスパリのランドマーク!エッフェル塔について徹底解説!

フランスの首都パリは、年間を通して数多くの方々が観光に訪れる、世界的にも有名な観光地の1つです。

そんなパリの中でも、ランドマークとして真っ先に思い浮かべる観光スポットといえば【エッフェル塔】という方も多いはず…。

建物自体も美しいのですが、なんといっても展望台から見る景色には目を見張るものがあります。

また、イベントやライトアップなどなど訪れた観光客を長年魅了し続けているエッフェル塔。

今回は、そんなエッフェル塔にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

1 エッフェル塔とは?

the-eiffel-tower-1

1-1 エッフェル塔の基本情報

フランス・パリ7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置するエッフェル塔。

実に324mの高さを誇り、世界でもっとも多くの人が訪れた有料建造物としても知られています。

エッフェル塔には展望台が3つ設置されており、それぞれ第1展望台(57.6m)・第2展望台(115.7m)・第3展望台(276.1m)と分かれています。

第3展望台にはエレベーターでのみ上がることができますが、第2展望台までは、階段で上ることが可能なので、訪れた際は挑戦されてみてもいいかもしれません。

ちなみに、エッフェル塔のエレベーターは水圧ポンプという、”電力を全く使わず、水で可動する”というなんとも不思議なエレベータとなっていて、当時はかつてないほどの偉業と称されていました。

また、電波塔としても使用されているため、名実ともにフランスになくてはならない存在といえるでしょう。

1-2 エッフェル塔の歴史

エッフェル塔は、1889年、フランス革命100周年を記念して行われた第4回万国博覧会のためのシンボルとして【建築技師:ギュスターヴ・エッフェル】率いるエッフェル社によって建設されました。

そのため、ギュスターブ・エッフェルの名前をとってエッフェル塔と名付けられたのが由来とされています。

鉄骨のみで組立てたられた構造は、力学に基づく合理的な形態やそれを支える圧延鋼技術など。

当時の最高建築技術を示すとともに、近代建築の先駆とも呼ばれています。

そんな最高技術で建設されたエッフェル塔が、わずか2年2ヵ月という脅威的な建設期間で作られというのだから驚きですよね..。

1-3 営業時間や料金

エッフェル塔を訪れる際は公式サイトを確認してから訪れるのがベター。

チケットを買う際、当日にチケット売り場にて購入するとなると、長蛇の列で何時間もかかることが…。

事前購入という方法があるので、そちらでチケットを購入しておくと並ばずにエッフェル塔に入れるのでおすすめです。

ネットや公式サイトから購入することが可能となっているので調べてみてくださいね。

1-3-1 営業時間

夏期(6/15~9/1)
エレベーターの利用: 9:00 – 0:45(最上階行き: 23:00)
階段の利用: 9:00 – 0:45(最終アクセス: 0:00)

上記以外(9/2~6/14)
エレベーターの利用: 9:30 – 23:45(最上階行き: 22:30)
階段の利用: 9:30 – 18:30(最終アクセス: 18:00)

1-3-2 利用料金

成人料金
2階までの階段利用: 10,20€
2階までのエレベーター利用: 16,30€
2階まで階段+最上階エレベーター利用: 19,40€
最上階までのエレベーター利用: 25,50€

青年料金(12~24歳)
2階までの階段利用: 5,10€
2階までのエレベーター利用: 8,10€
2階まで階段+最上階エレベーター利用: 9,70€
最上階までのエレベーター利用: 12,70€

子供料金(4~11歳)
2階までの階段利用: 2,50€
2階までのエレベーター利用: 4,10€
2階まで階段+最上階エレベーター利用: 4,90€
最上階までのエレベーター利用: 6,40€

幼児料金(4歳以下)
全て無料

※料金は2019年2月現在のものです。

1-4 アクセス方法

the-eiffel-tower-2

エッフェル塔までのアクセス方法はさまざまです。

訪れる際は、滞在場所からの行き方をネットなどで調べてみるといいかもしれませんね。

ちなみにトロカデロ駅やエコール・ミリテール駅はエッフェル塔まで少し歩きますが、塔を見ながら向かえるためおすすめです。

 

地下鉄(Metro)の場合
9番線 Trocadéro(トロカデロ) 駅:徒歩15分
6番線 Bir-Hakeim(ビラケム) 駅:徒歩10分
8番線 Ecole militaire(エコール・ミリテール)駅:徒歩15分

RER C線(近郊鉄道)の場合
Champ de Mars – Tour Eiffel(シャン・ド・マルス=トゥール・エッフェル)駅:徒歩7分

2 エッフェル塔の見どころ

the-eiffel-tower-3

2-1 美しいパリの街並みを一望できる

エッフェル塔の魅力と言えば、展望台からパリの美しい街並みを一望できるところではないでしょうか。

地上からおよそ250m以上の高さがあり、また360度視界が開けている最上部の展望台からは、晴れてさえいれば凱旋門やセーヌ川、サクレクール寺院といった有名な観光地を含むパリの街並みを遠くまで見渡すことができます。

エッフェル塔はその美しい外観とデザイン性の高さから、外から見ることばかり取り上げられがちですが、実はその上に登ることでも素敵な景色を楽しむことができるんですね。

2-2ミシュラン1つ星レストラン

エッフェル塔の第2展望台内には、ミシュラン星付きレストランの【Le Jules Verne】があります。

星付きレストランにふさわしい行届いたサービスと料理の質に魅了されてしまう方も多いのだとか…。

地上125mから見えるパリの絶景を楽しみながら食事ができる場所として大人気のお店となっています。

また、長蛇の列に並ばずにエッフェル塔へ入場できる、レストラン専用入口が利用できるのも人気の理由といえます。

2-2 特別なライトアップはまさに圧巻

エッフェル塔は日没後から夜中までライトアップされます。

そのままでも美しいですが、1時間に1回、特別イルミネーション「シャンパンフラッシュ」が行なわれ、エッフェル塔に取り付けられた約20万個もの電球が一斉に点滅します。

約5分間の白いライトが点滅し、塔全体がキラキラと輝く様子はまさに圧巻の一言…。

ライトアップが行われる時間帯は、各季節ごとによって様々なので、ぜひ公式サイトでも確認してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、フランスにあるエッフェル塔についてご紹介させていただきました。

イベントやライトアップなど、訪れた観光客を長年魅了し続けているエッフェル塔。

季節によってもライトアップやイベント事が異なりますので、事前それらの情報をチェックしてから訪れた方が良いかもしれませんね。

また、注意したいのがスリやひったくりなどの犯罪に巻き込まれないようにすること。

実はエッフェル塔の入り口や写真をスポットは、観光客を狙ったスリやひったくりが被害が多い場所なんだとか。

特に写真をとるのに夢中になっている時、歩いている時に背後に忍び寄ってきてカバンの中のものを取られてしまうケースが多いそうです。

エッフェル塔の観光は周りにも十分注意を払いながら、楽しむようにすることをオススメします。

BACK