【おすすめのプロテイン】美容や健康維持に効果的なプロテインの飲み方

最近、プロテインを愛飲している女性が増えてきていることをご存知ですか?

日常的に運動している人が飲むものと思われがちなプロテインですが、実は美容に関しても高い効果が期待できるサプリメントだったんです。

ただ、実際にプロテインを摂取しようとした時、飲む種類やタイミングなど迷ってしまうことが意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回はプロテインに含まれる”たんぱく質”から得られる効果や種類や飲む時のポイントなど詳しくご紹介していきます。

1 そもそも”プロテイン”とは?

protein-01

プロテインとはたんぱく質の摂取を補助するためのサプリメントのこと。

そもそもたんぱく質は”筋肉”や”内臓”、”皮膚”など人の体を作る上で重要な栄養素の1つですが、1日に摂取しなくてはならない量は意外と多いと言われています。

例えばタンパク質を食事から全てを摂取しようとするとカロリー過多となってしまい、肥満の原因となってしまう場合もあるんだとか。

そんな時に食事では足りない分のたんぱく質を効率よく摂取するためのサポートをしてくれるのがプロテインなんです。

1-1 ホエイ?ソイ?プロテインの種類

protein-02

プロテインの代表的な種類には「ホエイプロテイン」と「ソイプロテイン」という原材料が異なる2つがあります。

ホエイプロテインとは牛乳を原料とした動物性のプロテイン。水溶性のプロテインと言われており体に素早くスムーズに吸収される特徴があります。

ソイプロテインとは大豆を原料とした植物性プロテイン。ホエイプロテインに比べ体へゆっくりと吸収される特徴があるんだとか。

このように2つには原材料の違いや体に吸収するスピードが異なるため、用途に合わせて選ぶようにするのがよいでしょう。

1-2 目的に合わせてプロテイン選び

protein-03

1-2-1 筋力アップの効果

筋力アップにもっとも大切な栄養素がたんぱく質ということをご存知でしたか?

たんぱく質にはトレーニングで傷ついた筋肉細胞を修復してくれる効果があり、より強い筋肉を育むためにはたんぱく質を摂取することがよいと言われています。

筋トレをしている人の多くがプロテインを愛用しているのは、食事以外からもより効率よくたんぱく質を摂取するため。特に筋トレ後は吸収の早い”ホエイプロテイン”を飲むのがおすすめです。

よく勘違いされやすいのですが、プロテイン自体にはダイエットや痩せるために効果的な成分が含まれているということはありません。

しっかりトレーニングをし、筋肉を増やしいく過程の中で代謝が上りいわゆる”痩せやすい体”に体質か変化していくことでダイエットの効果が現れていきます。プロテイン補給はあくまで筋力への栄養補給をするサポート役でしかないのです。

1-2-2 美肌や健康維持の効果

プロテインに多く含まれるたんぱく質には美容や健康維持にも様々なメリットがあると言われています

特に日本人はお米中心食生活が原因でたんぱく質不足になってしまいがち。プロテインは運動をしていない女性でも”不足しがちなたんぱく質を補給する手段”としてぜひ実践してほしい美容方法の1つなんです。

例えばよく女性が悩みがちな肌荒れや髪のダメージといった美容トラブルは、実はたんぱく質不足が原因で引き起こされると言われています。

また、たんぱく質以外にも有益な栄養素が他にも含まれており、例えばソイプロテインに含まれる「イソフラボン」。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると言われており、ホルモンバランスを整えることで肌環境を正常にしてくれれたり女性らしいボディラインを作ることに効果的なんだとか。

その他にも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が添加されているプロテインあるらしく、不足しがちな栄養素をプロテインから補うことで健康維持に役立てることができかもしれませんね。

1-3 プロテインはいつ飲めばいいの?

プロテインを飲むタイミングについて「いつ飲むのが1番よいのか?」正直迷ってしまいますよね。

プロテインを飲むタイミングは種類やトレーニング方法でバラバラ。

例えば、吸収が早く筋肉の主成分のアミノ酸を多く含んでいるホエイプロテインは運動直後や、栄養が不足している朝起きてすぐのタイミングに取るのがおすすめ。

特に筋力アップが目的の場合、トレーニング後の体が栄養を求めているタイミングでプロテインを摂取するとさらに効率よく体にたんぱく質が体に吸収されると言われています。

ソイプロテインは体への吸収がゆっくりなので就寝前に飲むのがおすすめ。就寝時に分泌される成長ホルモンの働きを助けてくれるだけでなく、肌のターンオーバーを促してくれる効果があるとも言われています。

その他にも、ダイエット中の人は3食の内1食分プロテインに置き換えたりする人もいるそうです。プロテインはそれぞれの用途に合わせて、正しいプロテインの種類を摂取するよう心がけることが大切なんです。

2 プロテインはまずい?おすすめの美味しい飲み方

protein-04

プロテインに対して“味が苦手”や”美味しくなさそう”といったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かにプロテインは粉っぽさが気になったりフレーバーが合わなかったりと、飲みにくく感じてしまう方が多いのも事実。

しかし、豊富にある種類の中から自分に合ったフレイバーを探してみたり、少し飲み方を工夫することで美味しくプロテインを飲むことができるんです。

プロテインは「水」で割ることが1番体への吸収率が高くおすすめと言われていますが、プロテイン自体の味が苦手という方は牛乳や豆乳で割って飲んでみるのはいかがでしょうか。

牛乳や豆乳には多くのたんぱく質が含まれており、これらで割ったプロテインはお腹に溜まりやすく腹持ちもよいのでダイエットにもピッタリなんだとか。

摂取カロリーが気になる方は牛乳ではなくカロリーカットの豆乳で割るのがおすすめです。

3 プロテインで太る?気をつけたいポイント

プロテインを飲むときに気をつけたいのは適切な量を飲むということです。

よくプロテインを飲むと太ると言われることがありますが、これはプロテインを過剰に摂取したりカロリーの高い飲み物で割ってしまっているという原因がほとんどなんだとか。

適正量を摂取していればもともと低カロリー、低脂肪、高タンパクのプロテイン。そのため飲んでいるだけで太ってしまうということはなかなか考えにくいと言えます。

前述しましたが、脂肪が多い牛乳などで割った方がプロテインの味が美味しく感じられるのも事実。ただし、それがカロリーオバーになってしまい脂肪に変わってしまったらせっかくのトレーニングが水の泡になってしまいますよね。

1日に摂取するたんぱく質の量は体重やトレニーンング内容によって異なりますが、基本的には食事からしっかり取ることが1番。プロテインはあくまで食事だけでは不足してしまう分のたんぱく質を補うことが目的なんです。

まとめ

protein-05

今回はプロテインについて、その効果や摂取する際のポイントについてご紹介しました。

日常の食生活やダイエット中などはたんぱく質は不足しがちな栄養素の1つと言われています。

そんな時に効率よくたんぱく質の摂取をサポートしてくれるのがプロテインの役割なんです。

プロテインを補給する際に大切なのは、正しい摂取量と適切な種類のプロテインをよきタイミングで摂取すること。

ぜひ本記事を参考にプロテインによる美容・健康維持に取り組んでみてはいかがでしょうか。

BACK