コースの選び方や水着の選び方など、プールで水泳する時に守りたいマナー

有酸素運動の中でもカロリー消費が大きく、また膝や腰などの体への負担も少ないことからダイエットや健康維持としても人気のスポーツである水泳。

ランニングやウォーキングもいいですが、特にこれからの暑い時期の有酸素運動に水泳取り入れてみるのはいかがでしょうか?

室内のプール施設を利用すれば、天候や季節に左右されることないメリットがある一方、守らなくてはいけないマナーが意外と多く、知らず知らずの内に周りに迷惑をかけてしまっているなんてことも。

そうならないためにも本日は意外と知らない人も多いプールの基本的な情報からぜひ守りたいマナーやルール、コースの使用方法など詳しくご紹介します。

1 プールにあまり行ったことがない人のために!室内プールの基本

pool-manners-01

1-1 室内プールってどんなところ?

軽い運動のために室内プールを利用する場合、公共施設として解放されているプールまたはジムに併設されたプールのどちらかを利用することが一般的ではないでしょうか。

プールのおおよその大きさは、長さが25m深さは1m〜1.3mと競技用プールに比べると、それほど大きくないことがほとんど。また、いくつかあるレーン(コース)は、それぞれ泳ぐ速さや用途別によって分けられています。

プールを利用する上での細かいルールは施設によって異なる場合もあるので、分からないことがあった場合は設置されている案内板で確認するか、監視員の方に質問するようにしましょう。

1-2 何を持っていけばいい?プールでの必須アイテム

pool-manners-02

普段からプールを利用しない人は何を持っていけばよいか迷ってしまいますよね。

まず水着以外で必ず持っていきたいアイテムはスイミングキャップゴーグル

どんなプールでも、スイミングキャップなしで泳ぐのは絶対にやってはいけないルール違反。抜けてしまった髪の毛がたくさん浮いているプールは、清潔感が感じられませんよね。

またゴーグルは、プール熱などの感染症や角膜障害の原因とも言われる塩素の含まれたプールの水から、目を守る眼病予防のために装着することをオススメします。

その他では、水分補給用のドリンク耳栓は用意していると便利なアイテム。

水の中にいると気づきにくいですが、プールの中では意外と汗をかいているそうです。休憩の時にこまめに水分を補給できるドリンクを用意しておくのもよいかもしれません。

耳栓は水泳が苦手な人、耳に水が入ってしまうのが気になるという人は用意しておくと安心なアイテムです。

1-3 水着の選び方について

pool-manners-03

公共のプールやジムのプールでは好きな水着を着用してもよいかというと、そういう訳にはいきません。

水の中ですれ違うことの多いプールでは、生地が引っかかってしまいそうなデザイン性の高い水着やビキニタイプの水着の着用は、ケガの原因にもなってしまうので基本的には禁止されている場合がほとんどです。

このような場所で泳ぐ場合、競泳水着やフィットネス用の水着など体にフィットするような水着を選ぶのがマナー。最近ではハーフスーツという膝の上まで生地で覆われたデザインの水着が人気があるそうです。

2 プールに入る前に気をつけたいこと

準備ができたらいよいよプールへ…と行きたいところですが、プールの中に入る前にやってしまうとマナー違反になってしまう4つのポイントをみていきましょう。

2-1 プールに中に入る前は必ずシャワー

プールは必ずシャワーを浴びて、身体汚れを落としてから中に入るようにするのが最低限のマナー。

水が汚れてしまっているプールの中に入るのは気分がよいものではありません。特に公共の場所では、プールの水質を維持するためにもひとりひとりがの心がけが大切です。

2-2 装飾品は外すようにする

指輪やネックレス、ピアスやメガネなどの装飾品を外さずにそのままプールに入ってしまうのはとても危険。

プールの中は、他者との距離がどうしても近くなってしまいがち。万が一接触してしまった場合や、水の中で外れてしまい裸足で踏んでしまった場合など、装飾品は相手だけでなく自分にとってもケガのリスクとなってしまいます。

大切なアクセサリーを水の中で無くしてしまったなんてことにならないように、プールに入る前には確実に外すようにしましょう。

2-3 お化粧などの身だしなみの注意

お化粧整髪料をしたそのままの状態でプールへ…ここ数年流行しているナイトプールなどではOKだそうですが、泳ぐことが目的の公共のプールではもちろんルール違反です。

仕事帰りなど外出の後にそのまま立ち寄る機会が多いジムのプールなど、ついついそのままという人が多いそうですが、しっかりとメイクを取る、シャワーで整髪料を洗い流すなど周りの人に対しての配慮がとても大切。

また香水などの強い香りは、プールのような匂いがこもりがちの場所では相手に不快感を与えてしまう場合もあるそう。プールに入ると事前に分かっている場合は、香水をあまりつけすぎないようにした方がよいかもしれませんね。

2-4 スマートフォン

今はどこにでもスマートフォンを持ち歩くことが当たり前のようなっていますが、プールでは持ち込み時自体が禁止されている場合がほとんど。

更衣室の中でも、必要以上にスマートフォンの操作をしているとマナー違反となり、トラブルの原因となってしまう場合もありますので注意が必要です。

3 プールを使用するときに守りたいマナー

pool-manners-04

3-1 使用するコースの選び方

公共のプールやジムのプールには複数のコースが設置されており、それぞれ泳ぐレベルや使用目的によって分けれれています。

一般的には初級・中級・上級で別れていたり、一方通行と往復(ターンしてよい)コースで別れていたりとさまざま。また歩行専用のコースやフリースペースが設置されているプールも多いようです。

例えば、初級コースはまだ泳ぐのが苦手な人や25mを立ち止まりながらなら泳げる人専用であったり、中級は25mをゆっくり泳ぎきれる人専用、上級は25mを早いペースで泳げる人専用など、自分の能力に合ったコースを選ぶことが大切です。

自分の能力と合っていないコースで泳いでしまうと接触などのトラブルを起こしてしまう可能性もありますので、設置されている案内版などで事前にコースの特徴を確認するようにしましょう。

3-2 プールの中でのマナー違反

プールの中ではマナーを守らず自分勝手な行動をしてしまうと、相手にケガを負わせてしまうなどとても危険。常に他者に気を配りながら利用することが大切です。

絶対やってはいけないのはプールへの飛び込み。また泳いでいる時に、前で泳いでいる人のペースが遅くて無理な追い越しをしてしまうなど、これらはケガの原因となる大変危険な行為です。

また、前述したコース選び方を間違えてしまい上級者コースで立ち止まったり、ターン禁止のコースでターンをするのもマナー違反となってしまいます。

プールの後はしっかりスキンケアをすることが大切

いかがでしたでしょうか。

公共のプールやジムのプールでは、誰もが気持ちよく使用できるようさまざまなルールがあります。

マナーを守らず使用してしまうと、トラブルやケガのリスクとなってしまうため必ず守るようにしましょう。

また、女性の方でプールに入った後の肌荒れが気になるという人はいませんか?これはプールの消毒ために使用されている“塩素”が原因と言われています。

塩素はプール後のシャワーだけでは完全には落としきれないんだとか。塩素を落とすにはしっかりと湯船に浸かることが効果的だそうです。

プールの後はしっかりと入浴して塩素を落としてから、乾燥防止のためにボディークリームを使用するなど、お肌のケアをしっかりすることをオススメします。

BACK