エアコンの冷えから体を守る!冷えの影響から冷房対策までご紹介

この季節、オフィスや電車の中、映画館やスーパーの生鮮コーナーなど冷房が強くて寒いなぁと感じることはないでしょうか。
特にオフィスで働いている女性の方は、冷房の効きすぎた部屋で体調を崩してしまったなんて話も…。

実は体を冷やしすぎてしまうと、冷房病など様々な体の不調を招いてしまうと言われています。
夏はどうしてもエアコンの影響で体を冷やしてしまいがち。だからこそしっかりとした冷房対策が必要です。

本日は冷えがもたらす影響やどのように冷えから体を守ればいいのか、冷房対策のあれこれについてご紹介いたします。

1 夏に気をつけたい「冷え」について

coldness-01

1-1 「冷え」が与える悪影響とは

肩こりや頭痛、肌荒れや生理不順など…。
女性が悩んでいるこれらの症状の原因が、実は「冷え」にあるかもしれないということはご存知でしたか?

身体を冷やしすぎてしまった時に起こる「血行不良」。
酸素や栄養素、老廃物を運んでいる血液がうまく循環しないと老廃物が身体に滞りやすくなり、様々な不調を招いてしまうんだとか。

また、新陳代謝も悪くなってしまうため髪の毛や肌トラブルを起こしてしまう可能性も。
美容の側面から見ても「冷え」は女性の大敵と言えるでしょう。

1-2 夏の冷え性「冷房病」とは

「冷房病」(別名クーラー病)とは、冷房の強い環境が原因で起こる「自律神経が乱れ」のこと。

自律神経には体温調整や発汗をコントロールする働きがあります。
冷房で身体の冷やしすぎたり、温度差が激しい室内と屋外を行き来をしてしまったりなど、大幅な気温の変化は体に負担をかけ、自律神経を混乱らせバランスを崩してしまうと言われています。

自律神経が乱れてしまうと頭痛やだるさ、肩こり、下痢などいわゆる「夏バテ」に似た症状が出てきてしまうとも…。

注意したいのが、この冷房病は慢性化してしまうというところ。
冷房が効いている場所に行くと症状が出てしまい、重たい頭痛や酷い場合は嘔吐してしまうこともあるそうです。

2 体を冷やしすぎないように!効果的な冷房対策

coldness-02

冷房の影響で体調を崩さないためには室温を下げすぎないことが大切。外の気温と室温の差は5度以内が理想なんだとか。

しかしオフィスや公共の施設など自分で室温の調節が難しい場合に備え、夏の間はしっかりと冷房対策をするのがオススメです。

体を冷やしすぎないための効果的な方法や冷房対策をご紹介します。

2-1 カーディガンやブランケットを持ち歩く

女性の方なら上着を持ち歩いたりオフィスに膝かけを置いておあったり、すでに衣類などで冷房対策をしている人が多いのではないでしょうか。

オフィスでデスクワークなど室内の冷房の効いた場所に長い時間いる場合、衣服やブランケットでエアコンの風から体を守るのが効果的です。

2-2 暖かい飲み物を飲む

喉が乾いた時でも冷たい飲み物の取りすぎには注意!
冷たい飲み物は、体を内側からどんどん冷やしてしまいまい体の不調を招いてしまうかもしれません。

特に冷房で体が冷えていると感じた時は、意識して常温か温かい飲み物で水分補給をするようにしましょう。

2-3 軽めの運動やストレッチをする

coldness-03

血行促進や代謝の上げるためには軽めの運動を行うのがオススメ。

ウォーキングや軽めのジョギングで普段から適度に体を動かしていると、冷えにくい体になるとも言われています。

冷房で体が冷えすぎてしまったと感じた時は、合間でちょっとストレッチをしてみるのはいかがでしょうか。
また座ったまま足の指を動かしたり足首を回したり、ちょっとつま先立ちになったりするだけでも血行がよくなり冷えの改善には効果的です。

2-4 暖かいお湯に浸かる

寝る前にゆっくり湯船に浸かったりマッサージすることで、体が冷えて悪くなってしまった血行を改善できると言われています。
オススメは38度〜40度くらいのぬるま湯にじっくり浸かること。

夏の間はシャワーだけで済ませてしまう人も多いと思いますが、しっかりお湯に浸かって体を温めることも大切です。

3 生姜は冷え対策には効果的?

coldness-04

体の冷え改善によい食べ物といえば「生姜」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

生姜に含まれる「ジンゲロール」「ショウガオール」という成分は、血管を拡張させ血行促進を促す働きと胃腸を刺激して体全体を温める効果があると言われており、冷え対策にはもってこいの食材と言えます。

気をつけたいのは調理していない生のままに生姜では、体を温める効果を発揮できないというところ。

オススメはすりおろした生姜を温かい飲み物にちょい足しして飲む。体がポカポカして内側から温めることができます。

冷え性女子に大人気の「腹巻」

coldness-05

いかがでしたでしょうか。
本日は夏の時期に起こりがちな冷房で体が冷えた時に起こる悪影響と、冷えから守る対策についてご紹介いたしました。

オフィスでカーディガンや膝かけを使用している女性は多いかと思いますが、実は今「腹巻女子」が増えてきていることをご存知でしょうか。

腹巻で体の中心であるお腹を温めることで、血行促進や胃腸の働きを活発にしてくれる効果が期待でき、より高い冷え対策の効果があるのだとか。

またデザインも可愛い腹巻がたくさんあるので、ぜひ冷え対策に取り入れてみるのもいかがでしょうか。

特に女性の方は冷房が原因で体調を崩しがち。もし体調が悪い原因が「冷え」かもと感じたら、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください!

 

BACK