【カフェインの健康効果】意外と知らないカフェインの秘密!

“コーヒーに含まれる「カフェイン」には眠気覚ましや気分をスッキリさせる効果がある“。

カフェインの効能について、このように周知の事実として伝わっていることがある一方、頭痛やめまい、吐き気の原因になってしまうといったマイナスイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そもそもカフェイン自体は体にとって有益な存在。しかし、過剰に摂取してしまうと様々なリスクを抱えてしまう可能性があります。

今回はそんなカフェインの効果や過剰摂取によるリスクの解説、適切な摂取量など詳しくご紹介していきます。

1 カフェインについて

about-caffeine-01

1-1 カフェインの効能とは

カフェインには覚醒作用、鎮痛作用、利尿作用の3つ効能があると言われています。

1-1-1 覚醒作用

カフェインと言えば眠気覚ましや集中力の向上など、気分をスッキリさせたい時に摂取する人が多いのではないでしょうか。

このようなカフェインの効能は覚醒作用と呼ばれれています。

覚醒作用とは眠気を誘うアデノシンという物質を抑え、脳に”自分は疲れていない”と思い込ませることで、眠気や疲労感が軽減させる働きのこと。

カフェインを摂取しそれが脳まで届くと覚醒作用が働くと言われています。

1-1-2 鎮痛作用

カフェインは風邪薬や頭痛薬にも配合されている成分ということをご存知でしたか?

鎮静作用には血管の拡張によって引き起こされる頭痛などの痛みを収める効果があると言われています。

カフェインを摂取したときに起こる血管を収縮させる働きがそのような痛みに効果的な働きをしてくれるんだとか。

ただし、血管の収縮により体の末端部分が冷えてしまう、いわゆる”冷え性”の原因になってしまう場合もあるそうです。

1-1-3 利尿作用

コーヒーやお茶を飲んだ時、トイレが近くなったという経験はありませんか?

カフェインの効能には利尿作用があると言われています。

これは腎臓で行われているナトリウムや水分を排出しようとする働きをカフェインが促進させることで引き起こされているそうです。

1-2 カフェインを含む飲み物

about-caffeine-02

コーヒー以外ではどのような飲み物にカフェインが含まれているのかご存知ですか?

私たちの身近なところで言えば、烏龍茶、紅茶、緑茶などのお茶類、栄養ドリンクやエナジードリンクなどの飲料に比較的多くのカフェインが含まれていると言われています。

お茶の中で最もカフェイン量が多いと言われているのは「玉露」。その量はコーヒーの約2倍にあたるんだとか。

栄養ドリンクやエナジードリンクは気軽に購入できることから、ついつい疲れた時に飲んでしまいがちになってしまっていませんか?

これらを飲みすぎると気付いた時にはカフェインの過剰摂取になってしまっている場合があるので注意が必要です。

2 カフェインの適切な摂取量とは?

about-caffeine-03

“カフェインの取りすぎは体によくない”とはよく聞きますが、実際にどれくらいの量が適切なのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

カフェインの摂取限度量は体重1kgあたり2.5mg程度

これは体重が60kgの人の場合、1日のカフェイン最大摂取量は約500mg。その内、1回あたりの摂取許容量は200mg程度に抑えた方がよいと言われています。

カフェイン500mgとはコーヒーでいうと4〜5杯程度に当たる量。そう聞くと意外とたくさん摂取できるように感じてしまいませんか?

ただ前述した通り、コーヒー以外にもカフェインを含む飲料はたくさんあります。

思っているよりもあっという間に許容量を超えてしまった…。といったことにならないようにご自身の許容量について一度確認してみることをオススメします。

3 勘違いされやすいカフェインの効能とは

about-caffeine-04

3-1 カフェインにある依存性について

毎日コーヒーを飲んでいるとカフェインの依存性が強くなってしまう。そんな話を聞いたことはありませんか?

実はカフェインの依存性については科学的に見ると、依存物質としての条件を満たしていないと言われています。

カフェインを毎日大量に摂取することで、体に不調をきたす可能性はあっても依存性による弊害はないんです。

3-2 カフェインにはダイエット効果があるの?

カフェインとダイエット効果の関係について、”カフェイン摂取による代謝向上や血行促進がダイエットに効果的”とうたわれていることがあるようです。

結論からいうとそれらの効果については明確な根拠はなく、カフェイン摂取によるダイエット効果は期待できないんだとか。

ダイエット中に一息つきたいときやリラックスするためにカフェインを摂取することをオススメします。

4 カフェインの過剰摂取で起こり得るリスク

about-caffeine-05

カフェインの摂取により眠気や疲労感が軽減されるように感じられても、根本的にそれらの症状がなくなると言うわけではありません

体内のカフェインがなくなっていくと再び眠気や疲労感に襲われ、またカフェインを摂取する。その繰り返しで気付いたら大量摂取に至り、体に不調をきたしてしまう何てことにもなりかねません。

「カフェイン中毒」と言う言葉をご存知でしょうか。

これは体内のカフェインがなくなったときに起きる離脱症状のこと。動機が激しくなったり、吐き気や嘔吐、手足の痺れ、意識障害などの症状がそれにあてはまります。

またカフェイン中毒は最悪の場合、死に至る可能性もあります。近年ではエナジードリンクの過剰摂取による若年層の死亡リスクが高まっていることも指摘されているそうです。

カフェインは身近な存在である分、そのリスクを把握しながら摂取していくことが大切なんです。

まとめ

本日はコーヒーなどに含まれているカフェインの効能や摂取するときの注意点についてご紹介してきました。

そもそもカフェインの効能には私たちにとっては有益なものがたくさんあります。

カフェインが脳に働きかけることで、リラックスや集中力が増したり、眠気をさましてくれる効果、頭痛薬にも含まれる痛みを和らげてくる効果などその効能は多彩なんです。

ただし、妊娠中や授乳中の方は肝臓の代謝が低下しがちと言われており、カフェインを排出するのに時間がかかってしまいます。

そのため、体内にカフェインが止まる時間が長く胎児にもカフェインの影響が出てしまう恐れがあるため、妊娠・授乳中はカフェインの摂取は避けたほうがよいかもしれませんね。

カフェインには過剰に摂取してしまうと体に何らかの不調をきたす場合もあるため、正しい許容量を把握しておくとよいでしょう。

BACK